用語集

ガンダムファイト

4年に1度コロニー国家間の主導権を巡り、各国で代表のファイターを選出して行われる。そのため"理想的な戦争"と呼ばれることもある。ガンダムファイトの歴史は、コロニー連合軍事顧問であったデューサー教授が発案したことに始まった。教授は、第2次カオス戦争勃発の危機の中、宇宙戦争を避けるために計画を提案した。この代理戦争は、例え小国であろうと優勝すれば4年間の栄光、また経済的にも恵まれるというもの。過去から現在まで60年に渡り続けられ、今大会で13回目となる。

ガンダムファイター
各国コロニーの代表としてモビルファイターに乗り込み闘うパイロットのこと。ファイターは格闘家だけに限らず、プロボクサーや囚人などその素性も様々。しかし、搭乗の際のモビルトレースシステムに耐えなければならないため、身体が健康で丈夫な者にしか乗りこなすことは不可能。
ガンダム・ザ・ガンダム
ガンダムファイトで優勝し、主導権が得られた国のファイター――つまりガンダムファイトの覇者となった者に与えられる称号。出場するガンダムファイターにとっては最大の名誉の証といえるだろう。
ガンダムファイト国際条約7カ条
7ヵ条の基本条約と2ヵ条の補足で成り立つガンダムファイト開催ルール。
内容は
第一条 - 頭部を破壊された者は失格となる。」
第二条 - 相手のコクピットを攻撃してはならない。」
第三条 - 破壊されたのが頭部以外であれば、何度でも修復し決勝リーグを目指すことができる。」
第四条 - ガンダムファイターは己のガンダムを守りぬかなくてはならない。」
第五条 - 一対一の闘いが原則である。」
第六条 - 国家の代表であるガンダムファイターはその威信と名誉を汚してはならない。」
第七条 - 地球がリングだ!」
第一条補足 - 試合中の過失によるガンダムファイターの殺傷は認められる。」
第七条補足 - ガンダムファイトによって地球上の建築物を破壊しても罪に問われることは無い。」
などスポーツマンシップに則ったものが多い。このルールを守り、地球降下後のサバイバル・イレブン(11ヶ月間)を勝ち残っていかなければ決勝リーグへ進むことができない。ガンダムファイトは、地球上ならどこで行われても構わなく、そのためファイターやクルーなどは他国への侵入も許可されている。ファイトの際には「ガンダムファイト」「レディ・ゴー」の掛け声を掛け、試合が開始される。
決勝大会3ヵ条
前回の優勝国ネオホンコンの首相で、絶対的な権限を持つウォン・ユンファが決定した新ルール。
その内容はから、ガンダムファイトが純粋なスポーツではなく、生死を賭けた闘いであることを物語っている。
1. 決勝大会においては機体の交換、および修理、改造が何度でも認められる。
2. 勝利のためにはコクピットを狙うのもよし。手段は問わず。
3. このルールのもとに最終バトルロイヤルを勝ち抜いた最後の1機に「ガンダム・ザ・ガンダム」の栄誉が与えられる。

モビルファイター

ガンダリウム合金を用いて作られた高性能モビルスーツである「ガンダム」のうち、ガンダムファイト用として開発された格闘用のものを示す。

モビルトレースシステム
搭乗者の動作をMFの挙動に反映させるとともに、機体が受けたダメージを搭乗者にも伝える装置。無数のナノマシーンが浮遊するファイティングスーツで操縦者の身体情報を素早く読みとり、そのままトレースする。そのため、従来のハンドルやペダルで操縦する機体と違い、細かい動きを意のままに表現することを可能にした。
人機一体
ガンダムファイターの動きをモビルトレースシステムによってリアルタイムでトレースされる。機体のダメージもガンダムファイターへ「痛み」として伝わることから、人と機体の一体化--まさに「人機一体」と呼ばれるのだ。
感情エネルギーシステム
ネオジャパンのモビルファイター、シャイニングガンダムに搭載されているシステム。機体が搭乗するガンダムファイターの感情の高ぶりと同調し、普段の数十倍もの力を秘めた「スーパーモード」に変化する。
スーパーモード
ドモンの感情の高揚によって発動されるシャイニングガンダム最強形態。この状態で放たれる必殺技は、通常の数十倍もの威力を持つ。当初、感情エネルギーシステムにより怒りの状態のみにしか発動しなかったが、それではエネルギーの消耗が激しく持続力を下げるため、後にドモンは"明鏡止水"の心を会得し、通常状態での発動を可能にする。
バーサーカーシステム
モビルファイター、ノーベルガンダムに搭載されているシステム。ネオスウェーデンの技術者が独自に開発したもので、搭乗者の脳に誘導波を送り込んで闘争心を増幅させて身体能力を限界まで高める。圧倒的なパワーとスピードを獲得し、敵機に反撃の好きを与えないほどの波状攻撃を可能とした。。ネオスウェーデンのファイターであるアレンビーは、この「バーサーカーモード」により短時間で相手を倒していた一方、自我を失い暴走状態となり、心身に大きな負担がかかっていた。
アルティメットガンダム
地球再生を目的として、カッシュ博士により開発されていた。強奪事件から逃れるため地球に降下した際、プログラムの故障を引き起こしデビルガンダムへ変貌し、各地でその猛威をふるうことになる。
デビルガンダム
元々は「自己再生」、「自己増殖」、「自己進化」の三大理論を備え、「究極」という名を持ったアルティメットガンダムだった。しかし、地球降下によるプログラムの破損を修復するために地上のエネルギーを使って「自己再生」を始めることになる。デビルガンダムは、精神エネルギーによって機体を制御されているため、そのコアとなる強靭な精神を持つ生体ユニットを必要とする。
DG細胞(デビルガンダム細胞)
ネオジャパンが開発していたアルティメットガンダムが変貌した、デビルガンダムの細胞。金属でありながら生物のように成長する能力を兼ね備えている。さらに、有機物の体内に侵食して寄生・結合できる特徴を持つ。DG細胞は体内で増殖し脳まで浸食すると、寄生した者の精神を完全に支配し、狂暴化させる。

シャッフル同盟

何世紀にも歴史の影に隠れ、人類滅亡を阻止してきた組織。その実体は"キング・オブ・ハート"、"クラブ・エース"、"ジャック・イン・ダイヤ"、"ブラック・ジョーカー"、"クイーン・ザ・スペード"の5つの称号を持つ格闘技のプロフェッショナル集団。今まで歴史の表舞台に立つことはなかったのだが、"キング・オブ・ハート"であるマスター・アジアの第12回大会優勝と、その愛弟子――新生"キング・オブ・ハート"の称号を持つドモンのガンダムファイト参戦により、その存在が明らかとされる。

キング・オブ・ハート
シャッフル同盟のリーダーで実力も随一といわれている存在。現在のキング・オブ・ハートの証は、マスター・アジアからドモンへと受け継がれている。称号の特徴は、右手の甲に深紅のハートの紋章が浮かび上がることだ。
クラブ・エース
シャッフル同盟のひとりクラブ・エースが持つ称号。DG細胞に冒されたサイ・サイシーが救出されたあとに、先代の命と引き替えに称号を受け継いだ。
ジャック・イン・ダイヤ
並はずれた判断力に優れているジャック・イン・ダイヤが持つ称号。新生シャッフルではジョルジュがその称号を受け継いだ。ジョルジュ自身シャッフル同盟のジャック・イン・ダイヤによってDG細胞から救出され、またDG細胞に冒されたミラージュガンダムのジャン・ピエール・ミラボーも同様に浄化されている。そのため、シャッフルの力は未知数だといえるだろう。
ブラック・ジョーカー
シャッフル同盟のひとり、ブラック・ジョーカーが持つ称号。後継者であるアルゴが受け継ぎ、新生シャッフル同盟となった。
クイーン・ザ・スペード
伝説のシャッフル同盟のクイーン・ザ・スペードが持つ称号。マスターとデビルガンダムとの闘いで力尽きた先代は、チボデーを後継者として選び称号を渡した。シャッフルの紋章はドモン同様に右手の甲に浮かび上がる。

その他の用語

ギアナ高地
地球に残る最後の秘境。ドモンが修業時代を過ごした地であり、デビルガンダムやマスターガンダムを倒すために必要不可欠な"明鏡止水"の心を会得する目的で再び修行した場所でもある。DG細胞の恐怖に囚われた新生シャッフル同盟らも、ここで修行してスランプを脱出し、今まで以上の力を身につけた。また、この地ではデビルガンダムとマスター・アジアも戦力を溜めていた。そのため、ドモンらと衝突し、因縁の師弟対決の舞台にもなった。
スペースコロニー
最先端の技術で宇宙に作られた住居。すべての人類をコロニーに上げることは不可能だったため、一部の限られた人間のみ移住することができた。各国単位で作ったため、例えば、ネオアメリカならば自由の女神が建てられていたりとその国の特徴が顕著に見られる。
地球
ガンダムファイトにおいて地球全土が、リングとして扱われる。森林や歴史的建造物の破壊など一切が認められ、罪に問われることはない。開催されると地球の周囲をビームロープが覆い、同時にガンダムファイターの監視、観察を行う。
ネオホンコン
前回のガンダムファイトで優勝し、今回の主催国となっている国家。首相ウォン・ユンファが統治しており、荒廃しつつある地球上でもっとも発展している国といえる。また、ガンダムファイトの決勝大会の場でもあり、勝ち残ったファイターはサバイバルイレブンの最終日にネオホンコンへ移動しなければ失格となってしまう。
未来世紀
人類の増加と地球環境の悪化によって、各国家は地球を脱出するためにスペースコロニーの建設に着手した。長年研究を経て大国から順に完成し、権力と財力を持つ者から選出され、コロニーへ移住した。移住開始の歳を元年とし、これより後の時代を"未来世紀"と呼ぶようになった。
明鏡止水
"スーパーモード"または"ハイパーモード"を引き出すために必要な精神統一。ドモンはシュバルツに教えられ、怒りによって感情エネルギーシステムを発動させるのではなく、心を静めることで自在にモードを操れるようになる。「明鏡止水」とは、澄んだ水のように心を静めることを意味する。
流派東方不敗
マスター・アジアやドモン・カッシュなどが会得した格闘技の流派。マスター・アジアの技からもわかるように素手でモビルスーツと渡り合えるほどの威力をもつ。最終奥義は、己の気を拳に集中させて放つ"石破天驚拳"。